第48回 日税連公開研究討論会

公開研究討論会は、会員による研究結果の発表・討論の過程を通じて、
税制・税務行政及び税理士業務の改善・進歩並びに税理士の資質の向上を図るとともに、
日本税理士会連合会が行う研修事業に資することを目的として、
日本税理士会連合会と東京税理士会の共催により実施するものです。

2022 10 7 FRI

京王プラザホテルよりライブ配信

【お知らせ】

NEW
9.29 事前アンケートの受け付けは終了しました

9.14 事前アンケートを掲載しました
   専用ボタンよりご回答ください

9.14 論文集データのダウンロードが可能になりました
   マイページよりご確認ください

9.7  特設ページを開設しました

マイページ・ログイン

参加申込みいただいた方は、下記より事前登録をお願いいたします。

参加者はこちら

参加者登録はこちら 事前に各自の送られたメールに従い、事前登録をお願いいたします。

開催概要

日時  令和4年10月7日(金) 
   (討論会)午後0時30分から6時15分
   (懇親会)午後6時45分から8時15分

会場  京王プラザホテル
    新宿区西新宿2-2-1  Tel:03(3344)0111
   (討論会)「コンコードボールルーム」 本館5階
   (懇親会)「 花 」 本館4階

Google マップ

第48回日税連公開研究討論会について

今回のテーマは・・・『江戸から東京、そして未来へ』

江戸から東京、時代にあった税制改革が必要であった。
今、日本が抱える課題や今後の社会構造等における税制がどうあるべきか、そして、 日税連として何をメッセージしていくか、税理士の立場から、未来に向けた税制への提言により、我が国の財政を健全にしていくとともに、豊かな社会の実現に寄与していく。
現代の礎を築いた江戸の伝統を継承し、変革していくことで、より良いものを創造・ 構築していく。

討論会【第1部 】

13時~15時

テーマ「税制の歪みを糺(ただ)す」

税制の歪みについて次の3つに分けて提言する。
①デジタル化社会における税制のあり方
②経済事象の多様性に対応した税制の改革
③地方創生に活力を与えるための地方財政のあり方

発表者はこちら

討論会【第2部 】

15時30分~17時30分

テーマ「人生100年時代における資産形成と税制のあり方」

日本人の平均寿命は、昭和22年(75年前)は男性50歳、 女性54歳であったが、令和2年には男性82歳、女性88歳で、 ともに30年以上長くなっている。現在の寿命はより100歳に近づいている。長寿化することによって、新たな「人生100年時代」に備えた対応を提言する。

発表者はこちら

討論会【第1部 】 発表者紹介

リーダー
山元 俊一

「税制の歪みを糺(ただ)す」というテーマの下、13名の研究員で約2年半にわたり研究を重ねてきました。どのテーマもアグレッシブな提言となっています。

星山 光雄

我々の「税制の歪みを糺す」という提言が、今後の税制改正に反映されることを期待します。

山邉 洋

公開研の一員として本日を迎えることができ光栄です。私の研究が皆様のお役に立つことを願っております。

樋之口 毅

インボイス制度導入にあたり、事務負担増という問題をデジタルインボイスによって解決できないかを検討する。

西野 道之助

第1グループの研究の成果をご覧ください。よろしくお願いいたします。

関口 典子

周りの先生方に助けられ、励まされて本日を迎えることができました。発表者としての機会を頂き、光栄です。

野澤 理恵

みなさまに興味を持っていただける発表ができるよう、メンバーが一丸となって取り組みました。

北出 容一

~準備中~

望月 文夫

【論文タイトル】 ふるさと納税の返礼品に関する一考察
【今後の抱負】 人権が尊重される社会の構築を

原木 規江

~準備中~

鈴木 涼介

研究テーマに真摯に向き合うとともに、自身の人間力を高めたいという思いで取り組みました。

武田 朋之

論文、討論会を通じてみなさまに有意義に感じていただけるようがんばりたいと思います。

奥山 学

テーマに向けた論文執筆や発表準備を進める中で、自らも多くの経験や気付きをいただきました。

討論会【第2部 】 発表者紹介

中村 琢也

発表全体を通して、税理士と顧問先にとって人生100年時代における必要な知識や有意義な税制の提言を目指します。

阿部 雅樹

高齢期における財産管理・次世代への承継対策として、家族信託の活用について研究いたしました。

若林 俊之

人生100年時代における若年層の教育や就労環境変化について考察しており、論文も発表もこの点を追及します。

川﨑 啓

~準備中~

小代 久美子

認知症対策として、その人らしい財産管理と身上監護をセットで設計できる任意後見制度の活用を検討しました。

永島 寿夫

~準備中~

尾﨑 恵理子

「人生100年時代における資産形成」で、若年層を担当しています。論文は、教育について書いています。

片山 緑

日本が人生100年時代を迎える中、不安視される要素である公的年金や退職金を中心に考察しました。

保科 昌一

東京税理士会練馬東支部所属です。「NISAによる資産形成」を担当しております。よろしくお願いいたします。

岩﨑 美顯

王子支部から理事の継続で調研部2期目、第2グループで金融所得課税を担当しました、68才現役です。

平塚 秀明

次世代への資産移転について、選択時期の中立性の観点から研究しました。概略とチームの提言を報告します。

福島 健太

勤労世帯の資産形成として企業年金の考察をしました。複雑な制度を解り易く伝えるように準備しています。

伊藤 千鶴

人生100年時代における就労環境の変化を踏まえ、地方を中心とした創業支援を考察しています。よろしくお願いいたします。

日本税理士会連合会・東京税理士会 共催

お問い合わせ情報

事前登録・動画視聴に関する問合せは
コールセンターへ
TEL:03-6909-3864(平日10時~17時)
MAIL:koukaiken48-info@itto.co

公開研究討論会全般に関する問合せは事務局へ 東京税理士会 事務局
TEL:03-3356-4461
(平日9時~17時)